ピストンホン・規格カプラ・マイクロホン

OCS-165B ピストンホン

本器は単3乾電池使用の一定音圧発生源であって、アダプタを変えることにより、
1インチ、1/2インチ、1/4インチの規格化されたコンデンサマイクロホンの標準校正音源として感度校正が行えます。
OCS-165B


 

OAE-260 人工耳

IEC60318-1(IEC60318)規格に準拠した3キャビティ型のカプラ(人工耳)で、人間の耳の音響インピーダンスを模擬しています。
広い周波数範囲をもち、電話器、耳覆い型イヤホンの校正、周波数特性測定に用います。
適合マイクは1/2インチ音圧型コンデンサマイクロホン(別売のOMC-58)を使用します。プリアンプは内蔵されています。
OAE-260


OAE-262 IEC60711 イヤシミュレータカプラ

イヤシミュレータ OAE-262は、IEC 60318-4 (IEC 60711)に準拠し、挿入型イヤホンの音圧、周波数特性の測定に用います。外耳道・鼓膜の特性も模擬しているので人体に装着した場合に最も近い状態で測定できます。
1/2音圧型コンデンサマイクロホンOMC-58内蔵で、カプラ-マイクロホンの組み合わせにより個々に校正されています。
OAE-262は、オプションプリアンプAP-1263または、OAE-260Pと共に使用され、音響入力インピーダンスは、非常に人間の耳に類似しており、実に本物と近い音源を得られます。
OAE-262