負荷試験装置・タイマ

ODR-639 負荷試験用 データ記録装置

本器は負荷試験用データ記録装置(データロガー)です
負荷試験時にスピーカなどに入力された音声信号の電圧,電流,電力,音圧変化と音声信号を最大100時間記録します
記録したデータ全体の実効値,ピーク値の表示,音声信号を記録した波形と同期しながら再生できます
記録データは後日読み出して音声確認、測定データの分析にそのまま利用できます

ODR-639


OST-465 スピーカ負荷試験用10チャネルタイマ

本器はマイクロスピーカ、レシーバ、ヘッドホンなど小型スピーカの10チャネル負荷試験用タイマ装置です。
信号源の発振器は含まれていませんのでノイズ発振器OG-530、正弦波発振器などをご使用ください。
OST-465


OST-468 スピーカ負荷試験用50チャネルタイマ

マイクロスピーカ、レシーバ、ヘッドホンなど小型スピーカの50チャネル負荷試験用タイマ装置で、10チャネルOST-465のユニットを5台使用し、1台のパソコンでコントロールするシステムになっています。
信号源の発振器は含まれていませんのでノイズ発振器OG-530、正弦波発振器などをご使用ください。
OST-468


OST-806 プログラムステップアップタイマ

本器は、負荷試験シグナルレベルをステップアップしスピー

カ断線したときのステップ番号、電圧とその時間を表示します。
OST-806


OPT-202 スピーカ負荷試験用タイマー

本タイマーはプリセットした時間でタイマーを止め、出力信号をOFFします。またスピーカが断線し電流が流れなくなり、インターバルタイム設定時間を越えた時に止まるような機能(ブレークストップ)を持っています。
OPT-202


OST-824 プログラマブルタイマ

本器は交流信号のON時間、OFF時間とその回数をプリセットできるタイマです。汎用のタイマーリレーも装備していますので大きな負荷のON/OFFテストにも使用できます。このプログラムタイマは耐久試験や負荷試験などに役立ちます。
OST-824


ODR-363 ボイスコイル温度計用データロガー

本器はボイスコイル温度計OMT-205A,OMT-205AH,またはOMT-105Aで測定したボイスコイル温度と,そのときのドライブ電圧を収集するハードウェアとソフトウェアです.5台まで接続できます.
ODR-363