生産終了品

以下の製品は生産終了いたしました。

後継モデルもございますので、詳細はお問い合わせください。


ODR-204A 16チャネルデータレコーダー 後継製品 OT-1009

ボイスコイル温度計OMT-105AやOMT-205Aで測定したボイスコイル温度と、ドライブ電圧のデータを収集し、グラフ表示するハードウェアとソフトウェアで構成されます。
コントロールパソコンは含みません。
ODR-204


OAT-592 オーディオ テスタ

後継製品 OAT-900 (~20kHz) OT-1003 (~90kHz)

ハンドセット(レシーバ・トランスミッタ)、テレホンユニット2チャネル(ヘッドホンドライバユニット、マイクロスピーカ)、ステレオヘッドホン及びマイクロホンの4種類の製品を自動測定し判定する検査器です。

OAT-592


OG-435 プログラマブル発振器

オーディオ機器検査用発振器で、連続スイープ、任意周波数及び出力電圧をプログラムし、その設定による出力とマニュアル出力が可能です。

OG-435


OAT-691 オーディオテスタ

後継製品 OAT-900 (~20kHz) OT-1003(~90kHz)

マイクロホンを自動測定し、その結果と判定を蛍光表示管に表示します。
条件データは、モデルごとに非接触メモリカード保存されますのでカードを挿入し電源を入れますと直ぐに測定できます。
基準マイクとの補正を計算で行っており、短時間で測定できます。
総合判定のほか、個別判定、測定値、トータル個数、NG数、不良率を表示します。
OAT-691


OAT-694 オーディオテスタ

後継製品 OAT-900 (~20kHz) OT-1003(~90kHz)

ステレオヘッドホン又はヘッドホンユニットを自動測定し、その結果と判定を蛍光表示管に表示します。条件データは、モデルごとに非接触メモリカード保存されますのでカードを挿入し電源を入れると直ぐに測定できます。
総合判定のほか、個別判定、測定値、トータル個数、NG数及び不良率を表示します。
OAT-694


OFV-550 バリアブル バンドノイズ発振器 後継製品 OFV-552

ハイパスフィルタとローパスフィルタのカットオフ周波数を自由に設定でき、内蔵ノイズオシレータにより自由にバンドノイズを作れます。
外部入力により、バンドパスフィルタとしても使用できます。
OFV-550


OFV-551 バリアブルバンドパスフィルタ 後継製品 OFV-552

ハイパスフィルタとローパスフィルタ各々のカットオフ周波数とスロープを種々に設定できるバリアブルフィルタです。
OFV-551


OST-726 スピーカFo&Zeメータ 後継製品 OST-828

スピーカのFoとZeを自動測定し、測定値、規格値に対しGO,NG判定と設定ランク選別を行います。オプションで、サーマルプリンタ又はパソコンに出力を出すことが出来ます。

      OST-726